FC2ブログ
Ukulele Player S.Tearda's Official Site
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


(--/--/--)

カテゴリ: スポンサー広告
タグ:
以前、Fender Mino'Acaにピックアップを取付た紹介した記事(Shadowピックアップ取付け )をあげたが、同じピックアップをソプラノのメイン器であるFGNにとりつけてみた。以前は、木工に詳しい知人に頼んでやってもらったのだが、今回は自力での挑戦。忘れぬようにメモ代わりに残しておく。

取付たピックアップはShadow SH 1110-UKなるもの。ドイツの人であります。
Amazonで6500円くらいで購入。(こちら)


製品には多国語のマニュアルが付属しております。
はじめてだと厳しい印象はありますね。
写真 2015-04-12 11 49 55

ウクレレ本体とピックアップは必然として、工具としては
・電動ドリル(2mm,3mm刃)
・リーマー(13mm)
が必須となります。他は一般的な家庭工具で。ちなみにリーマーはマニュアルでは13mmとあるのですが、僕は12mmを使用しましたがなんとかセーフ。
写真 2015-04-12 10 51 08

まずは弦を外します。サドルも外します。FGNは結構しっかりはまっていたので、ニッパーで軽くつまんで浮かせました。ピックアップの位置を確認した上で、最初の穴あけです。4弦側に3mmの穴を開けます。思ったより硬いのですが、力を入れすぎず時間をかけて貫通させます。
写真 2015-04-12 11 51 52

次はエンドピン。底部に13mmの穴を開けろとの指示。
とりあえずセンターを決めて2mmのドリル、3mmのドリルで貫通させました。
写真 2015-04-12 11 54 56

そしてリーマーを使って穴を拡大させます。乱暴にすると塗装とかピキっといきそうな心配もあるので、ゆっくりグリグリと。先に書いた通りマニュアルでは13mmとありましたが、手持ちの工具は12mmだったのでそれを使用しています。
写真 2015-04-12 11 59 07

リーマーの根元までズバッと貫通させた後で、丸ヤスリでバリ取り。ついでに、気持ち穴の拡大をはかりました。
写真 2015-04-12 12 04 38

いよいよエンドピンの取付となりましたが、はて、どうみても指が届くとは思えない。さてさて...
写真 2015-04-12 12 07 42

エンドピン先端部を眺めると謎の横穴を発見。なるほど。ここに針金を通してガイドするのだなとヒラメキーノ。今回は針金がなかったのでビニール紐を使用しましたが、見事に成功。ただし先端部の抜けの長さの調整はトライ&エラーになるので、何度かやる覚悟は持ちましょう。
写真 2015-04-12 12 20 36

エンドピンのネジを止めて完成の図。内部側をつかめないのでゆるい気もするのですが、とりあえず良しとします。
写真 2015-04-12 12 55 20

この後、サドルの取付となるんぼですが、ピックアップを敷いた分だけ弦高があがってしまうため、サドルを削る必要があります。約2mm程なのですが、これがしんどい。電動のヤスリとかあればいいのかもですが、そこまでは用意できないので、ひたすら金ヤスリで削ります。サドルは硬いので時間がかかりますが、根気よく頑張りましょう。

アンダーサドルタイプの取付は部品代と工賃で2万円位はかかるのもざらですが、DIYなら半額〜1/3でいけますよ。もちろん大切な楽器に穴をあけたりとかしなければいけないので、ドキドキではありますが。
関連記事


(2015/04/12)

カテゴリ: 機材など
タグ: Shadow SH1110-UK

プロフィール

ウクレレ弾いてます。J-POPやアニメやらノージャンルのカバーをインストで演奏します。地元のライブハウス鶴ヶ島ハレに時折出没しています。機会があれば観にきてやってくださいな。
--
S.Terada
Twitter: @sterada

S.Terada

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。